MENU

オイルクレンジングのデメリットってなに?

クレンジングバーム

 

オイルクレンジングデメリットとして、汚れ落ちの良さから必要な皮脂まで落としてしまうので、使った後バリバリに乾燥してしまうのではと心配する方がいます。

 

特に乾燥肌敏感肌の方は刺激が強そうなオイルクレンジングを使うのに抵抗があるかもしれませんね。

 

オイルクレンジング愛好者さんにアンケートをとったところ、ほとんどの人がその使い心地に満足していました。でもやっぱり100点満点ではなくて、デメリットを感じるところもあるようです。その意見を商品別にまとめてみました。

 

ファンケル マイルドクレンジングオイル

CMを観た時にマスカラが綺麗に落ちていて、自分が化粧をするときにはマスカラもアイライナーもしっかりとするので、落ちるのかと気になっていた商品でした。自分が敏感、乾燥肌なので、最初は手に使ってみて問題がなかったので使用しました。肌が荒れずあまり乾燥しなかった所が気に入っていますが、CMで観たようにこすらなくてもマスカラが綺麗に落ちるという点に関してはそこまで綺麗に落ちている感じはしていません。アイライナーも結構残っています。でもそこまで強い感じのオイルクレンジングだと思っていないので問題ないかと思われます。

 

KOSE コーセー ソフティモ スピーディ クレンジングオイル

お風呂で使えて、濡れた手や顔でも大丈夫なので便利です。ファンデーションやアイシャドウはきれいに落ちますが、ウォータープルーフのマスカラはちょっと残ります。目の周りだけはポイントメイク落としを併用しています。ドラッグストアで気軽に買えるので使っています。しかも、値段的にも良心的でコスパよし。詰め替え用のパックも売っているので本当にお買い得ですね。

 

ビオレメイク落としパーフェクトオイル

何度もこすり洗いすることなく、一発で頑固なウォータープルーフマスカラがきれに落ちるところが、非常に気に入っています。今までこの商品を使うまでに、使用していた他社ブランドのクレンジング商品は、大概が何度も洗わないとウォータープルーフマスカラがきれいに落ちませんでしたが、この商品は少量でも、頑固なマスカラが簡単に落ちるので時短で大変助かっています。香りもフルーティーな感じがして気に入っています。濡れた顔でも使えるのでお風呂で間違えて顔を流してしまった後からでも使用できるのが便利に思えます。ただ目に入るとちょっと視界が白くなるので注意が必要です。

 

まとめ

ウォータープルーフタイプのマスカラのようにしっかりとしたメイクを落とすのに時間がかかるようです。ポイントメイクを併用している人もいました。また誤って目に入ってしまうと、油分で目に膜が張ってしまうので視界が悪くなります。なるべく目には入らないような工夫が必要ですね。

 

DUOクレンジングバーム


このページの先頭へ